補聴器の種類と特徴

多くのメーカーから様々な種類の補聴器が開発・販売されていますが、基本的には下記の種類に分けられます。それぞれ特徴がありますので、ご自身に合った補聴器をお選びいただくことが大切です。

耳あな型

耳あな型補聴器は全ての部品が一つのケースにまとまっており。耳穴に収まります。耳穴の形と聴力に合わせてオーダーメイドで作製するタイプが一般的です。

耳かけ型

耳にかけて使用する補聴器です。本体が耳の裏に位置し、音の出口の部分を耳穴に挿し込んで装用します。

ポケット型

音楽プレーヤーのように、本体にコードをつないでイヤホンで音を聴くタイプです。

骨導式

眼鏡の形をしていたり、ヘアバンドで固定するタイプです。他の補聴器とは違い、空気の振動ではなく、本体の振動で音を伝えます。

特殊補聴器

FM送信機を離れた場所に設置し、手元の補聴器に電波で音を届けるタイプなど、特殊な用途で使用する補聴器もございます。

 

まとめ

補聴器を選択される際には、ご自身の聴力を知ることが第一歩であり、ご自身の生活環境やどのような場面で補聴器を活用したいかということをスタッフに伝えることでご自身に合った補聴器を選ぶことにつながります。

周囲の方と同じ補聴器が必ずしもあなたに合っているとは限りませんので、しっかりとスタッフとご相談の上、判断されることをお勧めいたします。

関連記事一覧