補聴器の価格 ~聴こえが低下するほど、より高価な補聴器が必要なのか~

補聴器の価格は10万円~40万円台が基本

補聴器の価格は様々ですが、どのメーカーも、10万円~40万円台(1台)という価格で販売されているものが多く、

一部のメーカーは、10万円を切る補聴器もラインナップにございますがメインとは別の、機能を抑えた低価格モデルという位置づけです。

 

難聴の進行具合で適合する補聴器の価格が変わるか

私はそんなに耳が悪いわけではないので、安い補聴器でいいです

そういったご要望をお客様よりお伺いすることは多々ございます。

そういった方は、「高い補聴器=著しく聴力が低下した方が着けるもの」といったイメージを持たれているのかも知れません。

確かに、難聴がある程度進行されている方の場合、通常の補聴器よりも大きな音を出す必要があるため、

高出力タイプとして通常の補聴器よりも1~2万円程度価格が高く設定された補聴器でなければ適合しない場合もございます。

しかし、補聴器の価格は、大きな音を出せるかで大幅に変わることは、少なく、

騒音の中でも会話が聴き取りやすいかといった音の質によって価格に差が発生することの方がほとんどです。

 

 

補聴器の価格のイメージ

上の表は、補聴器の価格のイメージです。

このように、補聴器の価格を大きく左右しているのは、

騒音の中でも会話を聴き取りやすくする為のテクノロジーなどであり、

どれだけ大きな音を出せるかの違いによる価格差は比較的小さなものとなります。

また、製品によっては、標準モデルと高出力モデルで価格の差が無い場合もございます。

 

冒頭でお話したような、「私はそんなに耳が悪いわけではないので、安い補聴器でいいです」という考え方は補聴器という世界にはあまり無いので、ご注意いただけたらと思います。

 

 

関連記事一覧